1: :2013/04/16(火) 19:46:32.48 0 ID:

安倍首相が15日に行われたケリー米国務長官との会談で、
核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に対し、
対話路線を安易に採るべきではないとの考え方を伝えていたことが分かった。

政府関係者が明らかにした。

会談で、首相は
「彼らは約束はしても守らない。何度も裏切られたことは忘れてはいけない」
と強調した上で、
「北朝鮮3代で変わらないのは瀬戸際外交だ。
危機を醸成して、あるものを与えろというやり方だ」
とも指摘した。
ケリー氏は、首相の説明に耳を傾けていた、という。

ケリー氏は会談前の講演で、
「米国は実現性のある真剣な非核化交渉の用意がある」
と述べた。
米国が北朝鮮に融和的な態度を示したとの見方もあっただけに
首相としてやんわりクギを刺したものとみられる。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130416-OYT1T01099.htm
2ちゃんねるの反応を読む