ショボログ

2ちゃんねるよりニュースや芸能、VIPなど話題性のあるスレをまとめるブログです。

戦争

1: :2013/04/11(木) 14:17:52.11 ID:
中国網日本語版(チャイナネット)は11日、中朝国境を流れる鴨緑江の付近にある北朝鮮の新義州空軍飛行場で9日、多くのH-5爆撃機が駐留していたとし、「スタンバイしていた可能性がある」と報じた。

同飛行場は、中国丹東市の対面に位置する。

H-5爆撃機は、中国ハルピン飛機公司が旧ソ連のイリューシン28をベースに改造・生産した亜音速の小型爆撃機だ。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0411&f=politics_0411_006.shtml

朝鮮空軍飛行場 大量の中国製爆撃機がスタンバイ
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/04/09(火) 18:57:50.26 ID:

韓国国防省関係者は9日、北朝鮮が日本海側の江原道に移動させた中距離ミサイル「ムスダン」を追跡した結果、発射準備を完了した状態にあると明らかにした。関係者は「技術的には今すぐにでも発射できる」と述べた。

これに関連して、国防省報道官は取材に対し、北朝鮮が10日にムスダンを発射する可能性について「相当高い」と改めて強調した。

報道官は「10日をはじめ、10日より遅れる場合にはその日まで、非常勤務態勢を続け、ミサイル発射に備える。
ミサイル発射とともに、さらなる軍事挑発の可能性もあるため、それにも備えている」と語った。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013040900786
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/04/09(火) 12:32:40.06 ID:

朝鮮半島戦争再開で国家崩壊、死傷者3300万人うち死亡1000万人―米国USA TODAY紙

「保守勢力が朝鮮戦争を起こそうとしている」
こう語るのは学者のチョン・ウヨン氏だ。チョン・ウヨン氏は2日、ツイッターを通じ、このように述べた。
「(すぐ逃げれるように)韓国の家を売って、金に換えておいてくださいというシグナルを受け止めてはならない」とした。もはや些細な出来事も、すぐに全面戦争に飛び火することができると朝鮮半島の緊張に強い懸念を示している。彼は米メディアUSA TODAYが韓半島で戦争が起これば第1次世界大戦級の大惨事が起こり死傷者が出ると予測したとしてUSA TODAYの報道を取り上げ、 「死者1000万人、負傷者2300万人」としながら惨状を警告した。

韓国メディア ビューアンドニュース(韓国語) 2013/4/2
http://www.viewsnnews.com/article/view.jsp?seq=98089
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/03/29(金) 21:00:31.00 ID:

北朝鮮・平壌で29日、金正恩第1書記率いる指導部が米国や韓国との対決姿勢を強めていることを支持する大規模な集会が開かれ、市民ら約10万人が参加した。

 一方、内閣などの機関紙「民主朝鮮」は29日の論評で、悪化した米朝関係の平和的解決は「百パーセントなくなった」と主張。朝鮮半島での核戦争勃発は「時間の問題だ」と警告した。

 集会では多くの参加者が軍服で参加。「敬愛する最高司令官同志(金第1書記)、命令だけ下されよ」などと攻撃を示唆して米韓を威嚇する政治標語が多数登場した。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130329/kor13032920000006-n1.htm
2ちゃんねるの反応を読む

1: 黒(埼玉県) 2013/01/22(火) 01:20:29.42 ID:oI/NeqyOP BE:5583341388-PLT(12000) ポイント特典
ilghpio90 中国の掲示板サイト虎撲の掲示板に「日中が開戦になれば30分でわが国が勝利する!」というスレッドが立てられた。
中国海軍の少将による発言について、中国のネットユーザーが議論を交わした。

**********

 尖閣諸島(中国名:釣魚島)をめぐる問題で日中関係が緊張しているなか、スレ主によれば中国海軍の張召忠少将が、
もしも日中が開戦になっても米国は軍事行動を起こすまでに議会の承認などで半年は必要となるが、中国は30分以内にケリをつけることができると主張しているという。

 張召忠少将の主張に対して次のようなコメントが寄せられた。

・「全力で戦えば30分もいらないだろ。要は中国がどれほどの力を出すかだ」・「すべてのミサイルを使えば、30分もあれば充分だ」
・「わが国のすべての軍事力をつぎ込めば、張少将が言う時間くらいだろう」

 このように30分あれば充分だという意見に同意するコメントが寄せられた。また、「張少将の主張の意味は、もう戦争の準備はできているということだ。
30分で日本の第一波を殲滅できるという意味で、日米の反撃が間に合わないということだろう」という分析があった。

 しかし、「そんなにハイテンションになるのはやめようぜ」、「ホラを吹くなよ」など、30分で充分だという意見に反対するコメントや、
「戦闘機が飛行場から釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)に行くまでに15分。残りは15分しかないぜ」と指摘するユーザーもいた。

 そのほかの意見には、「あの秘密の武器を使うのですね。分かります」というコメントや、「軍のお偉方は戦争したいに決まっている。
昇級するチャンスだからな。それに自分が前線に行くわけでもないし。国内経済が衰退しようが物価が上がろうが、知ったこっちゃないんだ」という批判的なコメントもあった。
(編集担当:畠山栄)
http://news.livedoor.com/article/detail/7333001/?utm_source=m_news&utm_medium=rd

2ちゃんねるの反応を読む

1: 春デブリφ ★ 2013/01/17(木) 19:05:48.26 ID:???0
index中国人民解放軍は数の上では自衛隊の10倍の兵力を有している。軍事費も前年比2桁増が20年以上続き、
自衛隊の防衛費を大きく上回っている。しかし、いま中国軍と自衛隊が戦火を交えれば、中国軍に勝ち目はない。
兵士の技量や練度が自衛隊員に遠く及ばないからだと語るのは元航空幕僚長の田母神俊雄氏だ。

中国軍と自衛隊の違いを田母神氏が解説する。

中国空軍は、自衛隊が30年前にしていた訓練を今やっている。「右へ行け」
「上がれ」といった針路指示を地上から無線でパイロットに出しているのだ。

こういうアナログ型の訓練をしていて近代化された自衛隊に勝てるはずはない。
電波妨害されると、無線はガーガーという雑音で聞き取れなくなってしまう。これでは戦闘にならない。
当然ながら自衛隊はいざとなったら電波妨害する準備をしている。中国空軍のレベルはその程度なのである。

なぜこんなことが分かるかというと、自衛隊は偵察衛星の画像を見たり、
偵察機、情報収集機を飛ばしたりして、常時、中国軍の動向をチェックしているからだ。

機密事項なので詳しく言えないが、たとえば通常配置の戦闘機20機が、ある日どっと移動したとすると、
「何かやろうとしているな」ということが分かる。電話や無線などの通信もモニターして、
中国空軍がどんな訓練をしているのかもだいたい分かる。

他国の訓練方法を情報収集し、それを自分たちの訓練に反映させるのは、どの国もやっていることだ。
航空自衛隊には全国から選抜された技量優秀な隊員が集まる飛行教導隊がある。

彼らは他国の戦闘機がどういう戦法で攻めてくるのかを徹底的に研究し、訓練飛行では敵機の役割を演じる。
第一線の若いパイロットを相手に空対空戦闘を行ない、「あの時、君の判断が誤っていたからやられたんだよ」
などとアドバイスする。当然、中国の戦闘機の戦法についても十分研究・分析している。

このように技量・練度において航空自衛隊員は中国空軍兵士を圧倒的に上回る。
材育成にきちんとカネと時間をかけるという点は陸上自衛隊や海上自衛隊も同様だ。
http://www.news-postseven.com/archives/20130117_165334.html
※前(★1:1/17(木) 16:47:24):http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1358408844/

2ちゃんねるの反応を読む

週間ページランキング

このページのトップヘ