ショボログ

2ちゃんねるよりニュースや芸能、VIPなど話題性のあるスレをまとめるブログです。

宇宙人

1: :2013/03/31(日) 18:25:11.23 ID:
オバマ大統領の警護にあたるボディガードのなかに、地球外からやってきたヒト型爬虫類(reptilian)が混じっている……。そんな陰謀説を唱える動画が公開されて、一部で話題となっている。

この動画は最近YouTubeに投稿されたもので、ホワイトハウスが今月、少なくとも一匹のヒト型爬虫類をボディガードとして配置していたと主張。この動画のナレーター(テキスト読み上げプログラムが使われている)は、米国時間3月4日にアメリカ・イスラエル公共問題委員会でオバマ大統領がスピーチを行った際、大統領を警護していたあるボディガード(動画中に登場する坊主頭の人物)が「人間に扮した宇宙人であった可能性がある」とほのめかしている。

これに対し、ホワイトハウスは「現在の緊縮財政のもとでは、宇宙人をボディガードに使うのはコストがかかり過ぎる」というジョークで、この陰謀説を切り捨てている。米国国家安全保障会議の広報を担当するケイトリン・ヘイデンは、「この動画の主張については真偽を確認できていないが、エイリアンやロボットで大統領をガードするというような計画は、政府支出の削減が求められている現状で却下されているはず」とする回答の電子メールをWIREDに寄せている。

「詳細を聞きたければ、合衆国のシークレットサーヴィス、もしくはエリア51を紹介する」とヘイデン氏は述べている。

このボディーガードが地球外のヒト型爬虫類だとする主張の根拠を確認してみよう。映像の中でナレーターは、「一見すると彼(問題のボディガード)は普通のシークレットサーヴィスのようだが、頭や顔の奇妙な特徴や不振な振る舞い、異様な動きなどが人以外の生物である可能性を示している」と語る。また、同じボディガードを別アングルから撮影し、色や明るさを調整した動画では、その見え方はわずかに異なっているという。「彼の耳や鼻、顎、頬骨、口などはもはや人には見えない」(ナレーター)

動画のなかでナレーターはこの容貌について、ボディガードが人以外の何か(ヒト型爬虫類のようなもの)に戻ってしまっていたのではないか、彼が人間の姿を装うために利用していた何らかのデヴァイスが故障したのではないか、などと述べている。

「このボディガードは、本物のヒト型爬虫類なのだろうか。それともアヌンナキ(Anunnaki、古代バビロニアの神々。しばしば、陰謀論者がヒト型爬虫類と同一視して取り上げる)や、背の高い人造人間なのだろうか」とナレーターは問う。ホワイトハウスは何も答えていない。

http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130331/wir13033110490000-n1.htm


2ちゃんねるの反応を読む

1: ジャングルキャット(チベット自治区) 2013/01/28(月) 12:35:43.89 ID:sy2SZMw7P BE:3788203379-PLT(12000) ポイント特典
2013年1月25日、「この中から宇宙人を選びなさい」との小学2年生向け算数問題が中国のネット上で
「珍題だ」と話題になっている。この問題を前に保護者らも「出題者が宇宙人だ」と白旗を揚げている。

no title

この問題は、1行目に宇宙人4体の絵、2行目に宇宙人ではない4体の絵が描かれている。
この2つの情報を手掛かりに、3行目に描かれた5体のうち、宇宙人を選ぶ、という選択題で、満点は5点。
「どれが宇宙人?」の問題に、多くの保護者も注目、頭をひねった。保護者たちは、13種類の線や記号を
組み合わせてできた絵を凝視、頭をフル回転させたが、残念ながら答えを導き出すことはできなかった。
そして、「全くお手上げだ。このような超難問の出題者は『宇宙人』だ」との結論を出した。

これは小学校2年生の算数問題で、出題者は解答を発表していない。保護者がお手上げだったのは、
保護者が小学校算数の思考方法に慣れていないというだけなのか。この問題を算数専門教師11人に
解いてもらった。正解した教師はこのうち5人で、「問題がナンセンス、あるいはバカバカしい」と答えた
教師が3人、「答えへの糸口がつかめなかった」とした先生は3人だった。

この問題について、算数専門の先生たちの見方はいくつかに分かれた。一部には「何の意味もない。
特に小学2年生の児童にとっては」との意見が出た。ある教師は「この問題を捨てても、100点満点の場合、
ほかの問題で95点は取れる」と言い放った。一方、「このような問題は子供の観察力を育てるのに効果的だ。
考え方の枠を広げ、興味の芽を育てることができる」との見方を示す人もいた。

続く

2ちゃんねるの反応を読む

週間ページランキング

このページのトップヘ