ショボログ

2ちゃんねるよりニュースや芸能、VIPなど話題性のあるスレをまとめるブログです。

軍事

1: :2013/03/25(月) 17:39:33.12 ID:

 報道によれば、防衛省は尖閣諸島を含む南西諸島の防衛を強化するため、海上自衛隊に6隻の潜水艦を追加し、 400人の潜水艦乗員を育成する。中国網日本語版(チャイナネット)は25日、「日中関係に緩和の兆しが見え始めたが、 日本は尖閣諸島(中国名:釣魚島)への兵力配置や軍事力強化に向けた措置を弱めていない」と報じた。以下は同記事より。

 読売新聞によると、防衛省は2021年までに、潜水艦を現在の16隻から22隻に増加することを検討中だ。防衛省の幹部は、 「潜水艦は人工衛星では探知できない海の忍者だ。これを22隻に増やせば、抑止効果は大きい」と語った。

 防衛省は広島の海上自衛隊潜水艦教育訓練隊で専門のカリキュラムを組み、400人の新隊員を育成する方針だ。 同訓練隊で一人前の潜水艦乗員になるためには5年以上の時間が必要なため、防衛省は新隊員の育成を加速する。 2012年に募集した隊員は100人に達し、13年は170人を追加する予定だ。

 中国が尖閣諸島海域へ海監船などを派遣し、政府機関の権限強化と勢力拡大に向けた動向が見られることから、 日本は海上自衛隊の4隻の退役護衛艦を海上巡視船に用いることを計画している。

 産経新聞の24日の報道によると、日本政府は海上自衛隊の水陸両用救難機を、インドに輸出する手続きに着手している。 日本はさらに、タイやインドネシアなどに同機を輸出する可能性がある。日本は自国の軍備を積極的に強化すると同時に、 周辺諸国に「積極的な支援」を提供し、中国をけん制している。(編集担当:米原裕子)

サーチナ 3月25日(月)17時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000050-scn-cn
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/03/14(木) 22:14:47.22 ID:

米国上院で日本の核武装議論始まる、日本は北朝鮮の核兵器開発に対抗すべきだ

米国連邦議会の上院外交委員会で「日本の核武装」が主要な論題となった。熱っぽい討論が繰り広げられている。
この展開はこれまでの日米関係の常識では想像もできなかった事態である。
今まで日本の核武装論については前ブッシュ政権の国務次官だったジョン・ボルトン氏が大手新聞への個人としての寄稿論文で言及したことにとどまっていた。
ところがその直後の3月7日、今度は立法府の最高機関の上院の、しかも外交委員会という国政の大舞台で論議したのである。
この舞台は上院外交委員会全体が開いた「米国の対北朝鮮政策」と題する公聴会だった。
「日本の核武装」というテーマが再三再四、論じられたのである。

その論議の趣旨を総括すると、以下のようになる。

 「米国は北朝鮮の核武装、特に核弾頭の長距離弾道ミサイルへの装備をなんとしてでも防ぐべきだ。
だがこれまでの交渉も対話も圧力も制裁も効果がなかった。いまや北朝鮮の核武装を実際に
非軍事的な手段で阻止できる力を持つのは中国だけである。

 その中国がいま最も恐れるのは日本の核武装だ。

だから日本の核武装というシナリオを中国に提示すれば、
中国は北朝鮮の核武装を真剣になって止めるだろう。」

事態が深刻になる中で、北朝鮮の核武装への阻止の手段、あるいは抑止の手段として日本の核武装という想定だ。
北朝鮮の核兵器開発は米国にも東アジアにも、そして日米関係にもそれほど巨大なインパクトを投げ始めたということでもある。

JBPRESS 2013/3/13
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37337
5: :2013/03/14(木) 22:16:07.26 ID:
表向きにはしなくていいよ
裏でこそこそ武装しとけばいい
232: :2013/03/14(木) 23:01:45.98 ID:
>>5
それじゃ意味ないだろ

核を持つ目的は抑止たんだから
831: :2013/03/15(金) 14:18:42.78 ID:
>>232
>>248
馬鹿
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/03/14(木) 15:01:39.72 ID:


北朝鮮、韓国を本当に攻撃する可能性―米国家情報局

米国の情報機関を統括するジェームズ・クラッパー国家情報長官(DNI)は12日(現地時間)
北朝鮮が本当に行為へ乗り出す恐れがあるとした。

長官は「北朝鮮は昨年4月、移動式の大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられるKN-08を公表し、
先月には核実験を行った」と述べ、これまでの一連の経緯にも言及した上で「北朝鮮は米国と東アジアの安全保障にとって
深刻な脅威となり得る能力があることを示した。北朝鮮はICBMとみられるものを配備するための初期段階の措置もすでに取った」と証言した。

さらに「北朝鮮の政権は自分たちの生存が脅かされると感じたときだけ核兵器を使うだろうが、
実際にその脅威をどのように定義しているのかについて、米国は確実には把握していない」
「米国は平壌の『核ドクトリン』を把握できていない」と述べた。

ワシントン= イム・ミンヒョク記者

詳細 朝鮮日報 2013/3/14
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/03/14/2013031400740.html

※DNIはCIAを統括する情報統括機関。
2: :2013/03/14(木) 15:02:34.15 ID:
際限の無い報復打撃
より恐ろしい懲罰
全戦線での全面的軍事打撃行動
再侵略戦争の砲声
報復聖戦
壊滅的な打撃
物理的打撃で鎮圧
予想を超える打撃
強力な物理的報復
戦争挑発の前奏曲
本当の戦争の味
未公開で最先端の世界的な打撃力量と安全保衛手段がある
この世の誰も体験したことのない最も厳しい懲罰
先軍の銃でことごとく一掃
本当の戦争を見せる
絶対に無事ではなくなる
無慈悲な打撃で断固懲罰
物理的打撃は避けられない
無慈悲な電撃作戦
無慈悲な軍事攻撃
2次、3次の強力な物理的報復打撃
元首らの牙城を火の海に
無慈悲で激しい叱責によって裁く
容赦ない無慈悲な打撃
深刻な打撃を再現する事になる
第2、第3の、予想もつかない軍事的な打撃を加える
強力な物理的対応措置 
戦争を味わうことになる
身震いするような体験をすることになる
336: :2013/03/14(木) 19:34:20.95 ID:
>>2
これだけ煽っておいて攻撃してこないって北朝鮮って世界一攻撃してくる可能性の低い国だろ
339: :2013/03/14(木) 19:36:57.46 ID:
>>336
無慈悲な愛か
2ちゃんねるの反応を読む

1: 【関電 72.6 %】 @関電φ ★ 2013/02/06(水) 21:34:00.66 P
元米国務省日本部長のケビン・メア氏は6日、国会内で講演し、中国海軍の艦艇による海上自衛隊艦艇への火器管制レーダー照射について、
「米軍であれば、(自らへの)攻撃と判断して反撃する」と述べた。

そのうえで、「中国海軍は規律が良くないし、あまり訓練もされていない。非常に危ない」との懸念を示した。

中国の海洋戦略に関しては「尖閣諸島だけでなく(沖縄本島などの)琉球諸島も狙っている。中国の脅威にどう対処するか、日本は決断しなければならない」
と述べた。具体的には、現在6隻のイージス艦を増やし、航空自衛隊の次期主力戦闘機として米国から調達する「F35」を予定の42機より多く
購入すべきだと指摘した。

ソース:読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130206-OYT1T01064.htm

2ちゃんねるの反応を読む

1: トンキニーズ(愛知県) 2013/01/27(日) 21:43:23.31 ID:tADTcnwF0● BE:5522272799-PLT(12000) ポイント特典
中国大陸船舶に台湾海巡防署「退去せよ」が話題に

台湾行政院海岸巡防署の巡視艇が、中国大陸の海洋監視船に退去を求めたことが話題に。

台湾の巡視艇は中国大陸の海洋監視船3隻と遭遇、海岸巡防署によると、最も接近したときには
2.5カイリほどに近づいたという。海岸巡防署では、台湾と中国大陸が釣魚台列島の主権争いで連携していると
誤解されることを避けるため、釣魚台列島の海域から即刻退去するよう要求した。

台湾の大手日刊紙、「中国時報」の報道によると、中共国務院外交部のスポークスマンはこの件に触れず、
中共国務院台湾事務弁公室もコメントしなかった。また、中国大陸の主要メディアもこのことについては
報じなかった一方で、インターネットの一部のニュースサイトでは、「台湾の漁船が日本の船に囲まれ、
台湾海峡両岸の公務船舶がこれを警戒した」と、あたかも(中国と台湾が)連携して日本側に対抗しているかのような報道が
なされたという。

しかし、中共の機関紙「人民日報」が運営する「グローバルタイムス」はミニブログで、台湾の海岸巡防署が
主権をアピールし、中国大陸側の船舶の退去を求めたことを報じ、これを見た中国大陸のネットユーザーから
台湾に反発する声が寄せられているという。

2013/1/25
http://japanese.rti.org.tw/Content/GetSingleNews.aspx?ContentID=158697&BlockID=31

2ちゃんねるの反応を読む

1: 黒(埼玉県) 2013/01/22(火) 01:20:29.42 ID:oI/NeqyOP BE:5583341388-PLT(12000) ポイント特典
ilghpio90 中国の掲示板サイト虎撲の掲示板に「日中が開戦になれば30分でわが国が勝利する!」というスレッドが立てられた。
中国海軍の少将による発言について、中国のネットユーザーが議論を交わした。

**********

 尖閣諸島(中国名:釣魚島)をめぐる問題で日中関係が緊張しているなか、スレ主によれば中国海軍の張召忠少将が、
もしも日中が開戦になっても米国は軍事行動を起こすまでに議会の承認などで半年は必要となるが、中国は30分以内にケリをつけることができると主張しているという。

 張召忠少将の主張に対して次のようなコメントが寄せられた。

・「全力で戦えば30分もいらないだろ。要は中国がどれほどの力を出すかだ」・「すべてのミサイルを使えば、30分もあれば充分だ」
・「わが国のすべての軍事力をつぎ込めば、張少将が言う時間くらいだろう」

 このように30分あれば充分だという意見に同意するコメントが寄せられた。また、「張少将の主張の意味は、もう戦争の準備はできているということだ。
30分で日本の第一波を殲滅できるという意味で、日米の反撃が間に合わないということだろう」という分析があった。

 しかし、「そんなにハイテンションになるのはやめようぜ」、「ホラを吹くなよ」など、30分で充分だという意見に反対するコメントや、
「戦闘機が飛行場から釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)に行くまでに15分。残りは15分しかないぜ」と指摘するユーザーもいた。

 そのほかの意見には、「あの秘密の武器を使うのですね。分かります」というコメントや、「軍のお偉方は戦争したいに決まっている。
昇級するチャンスだからな。それに自分が前線に行くわけでもないし。国内経済が衰退しようが物価が上がろうが、知ったこっちゃないんだ」という批判的なコメントもあった。
(編集担当:畠山栄)
http://news.livedoor.com/article/detail/7333001/?utm_source=m_news&utm_medium=rd

2ちゃんねるの反応を読む

1: 春デブリφ ★ 2013/01/17(木) 19:05:48.26 ID:???0
index中国人民解放軍は数の上では自衛隊の10倍の兵力を有している。軍事費も前年比2桁増が20年以上続き、
自衛隊の防衛費を大きく上回っている。しかし、いま中国軍と自衛隊が戦火を交えれば、中国軍に勝ち目はない。
兵士の技量や練度が自衛隊員に遠く及ばないからだと語るのは元航空幕僚長の田母神俊雄氏だ。

中国軍と自衛隊の違いを田母神氏が解説する。

中国空軍は、自衛隊が30年前にしていた訓練を今やっている。「右へ行け」
「上がれ」といった針路指示を地上から無線でパイロットに出しているのだ。

こういうアナログ型の訓練をしていて近代化された自衛隊に勝てるはずはない。
電波妨害されると、無線はガーガーという雑音で聞き取れなくなってしまう。これでは戦闘にならない。
当然ながら自衛隊はいざとなったら電波妨害する準備をしている。中国空軍のレベルはその程度なのである。

なぜこんなことが分かるかというと、自衛隊は偵察衛星の画像を見たり、
偵察機、情報収集機を飛ばしたりして、常時、中国軍の動向をチェックしているからだ。

機密事項なので詳しく言えないが、たとえば通常配置の戦闘機20機が、ある日どっと移動したとすると、
「何かやろうとしているな」ということが分かる。電話や無線などの通信もモニターして、
中国空軍がどんな訓練をしているのかもだいたい分かる。

他国の訓練方法を情報収集し、それを自分たちの訓練に反映させるのは、どの国もやっていることだ。
航空自衛隊には全国から選抜された技量優秀な隊員が集まる飛行教導隊がある。

彼らは他国の戦闘機がどういう戦法で攻めてくるのかを徹底的に研究し、訓練飛行では敵機の役割を演じる。
第一線の若いパイロットを相手に空対空戦闘を行ない、「あの時、君の判断が誤っていたからやられたんだよ」
などとアドバイスする。当然、中国の戦闘機の戦法についても十分研究・分析している。

このように技量・練度において航空自衛隊員は中国空軍兵士を圧倒的に上回る。
材育成にきちんとカネと時間をかけるという点は陸上自衛隊や海上自衛隊も同様だ。
http://www.news-postseven.com/archives/20130117_165334.html
※前(★1:1/17(木) 16:47:24):http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1358408844/

2ちゃんねるの反応を読む

週間ページランキング

このページのトップヘ