ショボログ

2ちゃんねるよりニュースや芸能、VIPなど話題性のあるスレをまとめるブログです。

IT・ネット・家電

1: :2013/04/20(土) 18:30:01.65 ID:

 コンピューター将棋ソフトとプロ棋士による5対5の対抗戦「第2回将棋電王戦」の
最終第5局が20日行われ、将棋ソフト「GPS将棋」が、三浦弘行八段に勝利。
 シリーズ通算では将棋ソフト側の3勝1敗1分けとなった。

ソース:YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20130420-OYT1T00794.htm?from=ylist
第2回将棋 電王戦 HUMAN VS COMPUTER
http://ex.nicovideo.jp/denousen2013/
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/04/09(火) 19:42:31.92 ID:
「goo ランキング」にて「実はイマイチ使いどころがわからないWindowsのキー」という投票が行われ、その結果が発表されました。
実はイマイチ使いどころがわからないWindowsのキー - 日替わりランキングニュース - コラム - goo ランキング
http://ranking.goo.ne.jp/column/article/goorank/32762/
実はイマイチ使いどころがわからないWindowsのキー - ネットランキング - goo ランキング
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/092/fR4cJvWG2ytj/
トップ10は以下の通り。
1位:SysRq
2位:F12
3位:F1
4位:F3
5位:F11
6位:F2
7位:F4
8位:Ins(Insert)
9位:F6
10位:F10

トップ10のうち実に8個もファンクションキーが含まれており、ショートカットキーを
使いまくっているユーザーから見れば「F1はヘルプ、F3は検索、F2はリネーム、
F4はAltと組み合わせてAlt+F4でソフト終了だろうが!その他のファンクションキーも
適当に割り振れよ!つーかFnキーと組み合わせるとかでいくらでも使う機会はあるだろう!」
とまるで古参にして老害、まさに懐古厨そのものみたいな気分になりそうなものなのですが、
最大の問題は第1位の「SysRq」。「そんなキー、あったっけ?」ということで探してみると、
レッツノートの場合は右上の方にありました。

イカソース
http://gigazine.net/news/20130409-key-top-10/
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/04/10(水) 12:43:02.07 ID:
横浜市が「発射」と誤ツイート
4月10日 12時36分

10日午前、横浜市が市民向けのツイッターに北朝鮮がミサイルを発射した
という内容の誤った情報を書き込みました。
準備していた例文を職員が誤って送信したことが原因だということで、
市は20分後に訂正しました。

10日午前11時すぎ、横浜市総務局危機管理室が
「北朝鮮からミサイルが発射されたとの情報がありました」
とツイッターに書き込みました。
その後、画面を見ていた職員が誤りに気付き、およそ20分後に
誤りだという内容の書き込みをして訂正しました。
ツイッターは横浜市民向けのもので、3万9000人余りが登録しているということです。
横浜市によりますと、担当の職員が、発射された場合に備えて
例文を作っていたところ、誤って送信したということです。
横浜市危機管理室は「市民の方に混乱を与え、申し訳ありません」と話しています

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130410/k10013809541000.html

参考画像
http://livedoor.blogimg.jp/bonnchann/imgs/2/4/24ee8487.png
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/04/07(日) 13:18:28.59 P ID:

スマートフォンの無料通話アプリ「LINE(ライン)」で知り合った男性から「美人局(つつもたせ)」の手口で現金を脅し取ったとして、富山県警富山中央署は7日、いずれも県東部在住の14~16歳の少年、少女計4人を恐喝容疑で逮捕した。

逮捕されたのは、中学3年の14歳の女子生徒と男子生徒、16歳と15歳の少年。

発表によると、4人は共謀し、6日午前0時頃から午前1時15分頃までの間、富山市内の公園で、女子中学生が誘い出した同県上市町の無職男性(21)に対し、「どうするつもりだ」「金を出せ」などと言って殴る蹴るの暴行を加え、現金約6万円入りの財布を脅し取った疑い。男性は顔面打撲などで軽傷を負った。

4人は動機について「金がほしかった」などと話しているという。同様の手口で10件ほど恐喝を重ねたと供述しており、同署で裏付けを進めている。

ソース:読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130407-OYT1T00340.htm?from=main8
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/04/06(土) 21:33:14.27 0 ID:

将棋のプロ棋士5人と5種類のコンピューターソフトによる団体戦
「第2回将棋電王戦」の第3局が6日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、
先手の船江恒平五段(25)が将棋ソフト「ツツカナ」に敗れた。

現役棋士が公式の場でソフトに負けたのは、第2局の佐藤慎一四段(30)に続き2度目。
これで棋士側の1勝2敗となった。

ツツカナは昨年開かれた第22回コンピュータ将棋選手権で3位。
どの程度深く読むかをプロの将棋を参考に調整し、
強さだけではなく、美しい棋譜を残すことを考慮して作られているという。

対局終了後、船江五段は
「やはり残念。自分という人間の弱さが出てしまった」
とうなだれていた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013040600343

2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/04/04(木) 19:31:54.75 ID:

rakuten

「楽天なんて発音できない!」「スパムメールやめろ!」-アメリカ進出した楽天の評判 /海外の反応!360°海外ニュース
2013年04月04日19:00

アメリカのブログで楽天が紹介されています。日本のやり方をそのまま持ち込んだせいか、不満を持つユーザーもいるようです。

<コメント>

・彼らの最初の失敗はBuy.comを楽天と改名したことだ。申し訳ないけど、楽天というのは馬鹿げた名前だ。せっかくBuy.comのドメインとブランドを買ったというのに。

・彼らの問題は馬鹿げたポイントシステムだ。単純に価格を安くしてくれよ。

・サイトのデザインがめちゃくちゃだ。醜いし、たくさんのボタンやリンクやおすすめ商品があって混乱する。

・RAKUTENって発音しづらいんだよな。書くのも難しい。日本語辞典を買って練習しないと無理だよ。

・彼らはbuy.comの名前をRAKUTENに変えてしまった。まるでクレジットカードの番号を盗むハックサイトみたいな名前だ!

・彼らは(buy.comという)素晴らしいブランドを買ったのに、すぐにわけのわからない名前に変えてしまった。しばらくは上手くやっていたけど、最近は彼らの絶え間ないスパムメールに買いたいものが見つからない。いつも他のサイトで買っちゃうね。

→僕も同じだ。何年もbuy.comのメールを受け取っていたんだけど、楽天に買収されたらスパムメールを送り始めた。

→僕もだよ。1、2回buy.comを使ったことがあって、そのあと役に立つメールが送られてきていた。楽天が買収した後はメールボックスが楽天のメールで溢れだした。メール購読を止めてもだよ!

http://360news.doorblog.jp/archives/26337661.html
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/04/03(水) 23:32:18.96 ID:

パナソニックは2日、使う人の声や顔を識別して、個別のサービスを提供するテレビの新商品を発表した。

パナソニックが発表したプラズマと液晶の新型テレビは、専用のリモコンに話しかけることで、チャンネル操作や録画予約、インターネットの検索などができる。

また、内蔵されたカメラでテレビの前にいる人を見分けて、その人の好みに合わせたテレビ番組や、天気予報、占いなどの情報を表示させる機能もある。

この他、プラズマテレビでは、スマートフォンで撮影した画像やテレビから取り込んだ画像を画面に表示し、電子タッチペンで直接絵や文字を書き込むことができ、家庭内での伝言板としても活用できるという。

スマートビエラは、大きさが42型から65型まであり、市場想定価格は20万円から60万円で、今月下旬に発売する予定。

ソース:日テレNEWS24
http://www.news24.jp/articles/2013/04/02/06225968.html
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/04/03(水) 12:24:02.88 ID:

★「プロって雑魚」「将棋の歴史に泥塗ったゴミ」 コンピューターに負けた棋士に酷すぎる中傷

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが戦う「電王戦」が2013年3月30日に行われ、佐藤慎一四段(30)が将棋ソフト「ponanza(ポナンザ)」に敗れた。現役の男性プロ棋士が公式戦でコンピューターに敗戦するのは初めてで、関係者や将棋ファンの間に衝撃が走った。あまりのショックのためか、佐藤四段のブログが荒らされる事態に発展してしまっている。

●前日には「ロクな形勢判断できないコンピューター叩き潰す」

「電王戦」は13年3月23日から始まった5人のプロ棋士と5種の将棋ソフトが対局する5番勝負で、30日の対局は第2局だった。中盤までは佐藤四段が優勢だったが、12年の世界コンピューター将棋選手権4位という実力のponanzaに終盤一気に攻め込まれ、対局開始から約10時間経過した20時過ぎ、141手でponanzaが勝利した。

 佐藤四段は対局後「強いと思った」「最後も大きなミスをしてしまって…途中はやれるかなと思った局面もありましたが、負けたのは自分の実力なので仕方がないです」とかなり悔しそうに語っていた。(続く)

J-CAST http://news.livedoor.com/article/detail/7554041/

続きは>>2-4


▽関連リンク
・サトシンの将棋と私生活50-50日記 http://satosin667.blog77.fc2.com/
●2013-03-29(13:23) 明日は対局 http://satosin667.blog77.fc2.com/blog-entry-451.html
●2013-03-31(05:25)  申し訳ない http://satosin667.blog77.fc2.com/blog-entry-452.html
●2013-04-01(13:09) 本当の悔しさ http://satosin667.blog77.fc2.com/blog-entry-454.html
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/03/30(土) 12:00:15.54 ID:


 Androidにも“服が透けるアプリ”が登場した。iPhone版の“服が透けるアプリ”と違って、Android版は明確なワンクリック詐欺目的となっている。
 セキュリティ企業・シマンテック社のレポートによれば、「服が透ける」ことを謳うAndroidアプリが登場している。しかも、このアプリはスパム機能を兼ね備えており、端末のアドレス帳にアクセスして、勝手にSMSでスパムメッセージを送りまくるという。

 その結果、あなたのところにも、友人のアドレスから「このアプリ服透けるよ」「Androidなら入れてみ」といったメッセージが届くかもしれない。

うっかりこのメッセージを信用して、記載されているURLにアクセスすると、「Infrared X-Ray」というアプリの紹介文が表示される。そこにはこんなことが書かれている。

「服が透けるカメラアプリ」「服が透けて写る! 赤外線機能搭載カメラアプリ」「【Infrared X-Ray】は、なんと洋服が透けて見えちゃう夢のようなアプリ!」「GooglePlayでは一時、問題となって削除されてしまった問題作がなんと復活」

「僕はアプリ発表当日にダウンロードしたんですけど、アプリの進化はここまできたかーと衝撃を受けましたね!」「写メ撮影してくれた女の子もこの通りスッケスケですね(笑)」

「今回、撮影を協力してくれた子たちもこのアプリには驚いておりましてかなりノリノリで、こんな格好やあんな格好まで……(笑)」

 もちろん、このアプリに“服が透ける”機能など備わっていない。アプリをインストールして実行しても、アドレス帳の情報を盗み取られるだけだ。さらに、中指を立てた男の写真が表示されて、「このスケベ野郎!」と罵倒されるというオマケ(?)まで付いている。

 さらに、ワンクリック詐欺サイトに誘導されることもあるという。勝手にアダルトサイトにアクセスしたかと思うと、気づけば“登録完了”となり、2万9000円もの利用代金を請求される。

スケベ心から“服が透けるアプリ”に手を出した結果、ワンクリック詐欺に遭うという最悪の結末が待っているのである。

>>2
以降へ続く

http://biz-journal.jp/2013/03/post_1799.html
2ちゃんねるの反応を読む

1: :2013/03/30(土) 20:59:53.92 ID:

将棋の5人のプロ棋士と5種のコンピューターソフトが戦う第2回電王戦の第2局が30日、東京・渋谷の将棋会館で指され、ソフト「ponanza(ポナンザ)」が佐藤慎一四段を破った。中盤では佐藤四段が優勢とみられた局面もあったが、ソフトは終盤で鋭く攻めて相手玉を寄せ切った。

将棋ソフトが公の場で現役男性プロ棋士に勝ったのは初めて。

*+*+ NIKKEI NET +*+*
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3002J_Q3A330C1CR8000/
2ちゃんねるの反応を読む

週間ページランキング

このページのトップヘ